カテゴリ:過去日記( 3 )   

金魚検定   

2014年 07月 03日





犬を飼うなら、犬のことをちゃんと知らねばね、と思います。




そりゃ愛の力はデかい。「最後の最後は話せばわかる」とも思う。でもそれに頼っちゃダメよ。ちゃんと犬という生き物を化学的に学ばないと解らないことは多いです。私もロックが4歳まで自分中心の視点でしか彼女と向き合っておりませんでしたが、犬をその歴史から知るだけですんなり合点のいくことが多いと、今では実感しております。




…と、そんなことを友人と話していて思い出したのが、「金魚検定」です。これは、かつて金魚に夢中だった頃の私の勝手な妄想の記事ですが、読み返してみると笑えたので、載せます。もし興味があったら、どうぞ。






---






「金魚検定」
2007年7月17日




金魚飼育を始めて半年あまり。




金魚なんてカルキ抜いた水に入れておけば育つのだろう、くらいに思っていた浅はかなわたくしも、そんな簡単なものではないことを嫌ってほど思い知らされました。また、この「赤い小魚」たちがこんなにも魅力的だと知っていたらば、もう少し警戒していたかもしれませんが、それももう後の祭りです。




このような金魚道への入り方をするのは決してわたくしだけではございません。




軽い気持ちですくって来た金魚をあっさりと死なせる。→悲しい。→なんで死んだんだろう。→今度こそちゃんと育てたい。→勉強する。→リベンジ。←この時点ですでに金魚の魅力に取り憑かれている。




これが、むしろ王道なようです。




たしかに、なんの苦労もなく「カルキ抜いた水に入れて、餌やって、たまに水替えしてたら10年くらい生きて鯉なみのサイズに育っちゃった」という事例も実際少なくなく、それも事実です。そのあたりが認識を狂わせる原因ではないかと感じます。




いくら王道だからと言っても、そのために犠牲になる金魚たちがたくさんいることが残念でなりません。
熱帯魚を飼おうと考える人がおそらく予習してから挑むように、金魚もすくう前に勉強しておくのが当然であるという意識づけが必要ではないでしょうか。そこで考えました。




「金魚検定」




金魚を飼おうとする者は、まず金魚検定を受け「金魚免許」を取ります。日本で生活する以上、いつ金魚をすくう機会に出くわすかもしれませんので、これはむしろ義務教育に組み込むのが望ましいでしょう。小学校を卒業するまでにせめて「金検4級」くらいまでは取得しておくべきです。




4級で飼えるのは和金です。
ペットショップで免許証を提示すれば売ってもらえます(※地域によっては「水槽証明」の必要な場合がありますので、各自治体に確認してください)。コメットや朱文金などを飼育して楽しむが良いでしょう。ただし、柳出目金を飼うには3級免許が必要ですので注意してください。不法に入手して飼っていることがバレると検挙されます。罰金ですめば良いですが、3尾以上飼育している場合などは悪質とみなされ60日以下の禁固刑になる場合があります。




そんなことにならないためにも、金検3級まではぜひとも取得しておきたいものです。
愛玩目的で飼う場合3級免許を持っておけば充分だと思われます。基本的な水質管理方法を理解すれば取れる4級から少し進んで、水質変化の基本的な仕組やよくあるトラブルへの対処方法、魚病薬の選び方等を学べばそれほど取得は難しくありません。



 
ただし、3級からは筆記試験に加え実技試験があります。




筆記に合格した時点で「仮免許」が発行されます。仮免中でも金魚を売ってもらうことはできます(3級免許では一部稀少な品種を除いてほとんどの金魚を飼うことができます)が、半年以内に本免許を取得しないと金魚を没収されてしまいますので注意が必要です。




2級試験は、実は1級と同じ試験内容です。成績によって2級と1級に分けられます。
そういった意味で2級は中途半端な免許だとも言えますが、2級以上の免許を持っていれば飼えない品種はありませんので、ステイタスとして取得に挑む金魚愛好家も毎年後を絶ちません。




1級免許を持っている人は一般に「金魚黒帯」と呼ばれますが、彼らは金魚の飼育、病気治療、繁殖手順はもちろん、金魚の歴史、系図に至るまで、金魚に関することはすべてと言ってよいほどの知識を持っています。




1級免許を取得すれば金魚のブリーディング、販売もできますし、金魚の専門医院を開業することも許可されます。そういった責任の重いライセンスですので、維持するために2年ごとの更新試験が義務づけられております。飼育用具や設備も日夜進歩し、品種改良も目覚ましい業界ですので、金検上級者には常に最新の知識が求められているのです。1級更新試験も主にそういったポイントで出題されます。




さて。
これで金魚たちが無駄に☆になってしまうケースが著しく減り、我々にとっても「もう飼い始めちゃったんだけど具合悪くなっちゃってなんでか分かんないし金魚飼うなんてそんな難しいと思ってなかったのにもうどうしたらいいか分かんない誰か助けてー(泣」という悲劇を回避することができるという訳です。




どうですか。
わたくしが政権を握ったあかつきには、必ずやこの「金魚検定」を実施したいと思います。






---





この記事で当時の金魚仲間の皆さまと盛り上がり、本当に金魚検定の問題を作りかけた記憶がございます。懐かしい… 金魚の魅力を語り始めると止まらないのですが、私には飼育センスがあまりにもないことを悟るのに、それほど長い年月はかかりませんでした。





そんなノスタルジックな思いにふけりつつ…
おつきあいいただき、ありがとうございました。











[PR]

by kia_rock | 2014-07-03 21:31 | 過去日記 | Comments(2)

過去日記2   

2012年 09月 10日

もう一点だけ。




---




「うどん屋のひみつ」
2007年02月10日22:43 投稿




昨日、つれと昼ごはんを食べるために、ちょっと前から気になっていたうどん屋へ寄りました。





不思議な店でした。
どう不思議だったかまとめてみようと思います。




1. オープンしたのは最近だと思うが、つれによると最初は蕎麦屋だったらしい。でも今はなぜかうどん屋。


2. 店構えはシンプルで品があるのに、酷い看板が出ている。どう酷いかと言うと、レイアウトとレタリングがまるでデタラメ。子供が書いたような字で、途中からスペースが余って空いている。


3. 中に入ると予想外にこぎれいで高級感があり、直径1mくらいの有田焼(だと思う)の大皿が飾ってある。それよりひとまわり小さい皿も数カ所に飾ってある。カウンターにはネタケースもある。


4. なのに食券販売機がある。


5. メニューはその食券販売機でしか分からず、それによると駅の立ち食いうどん屋のような店以上のラインナップは何もない。


6. でも生け簀がある。


7. ところが生け簀には金魚が泳いでいる。


8. その金魚が全員でかい。


9. たいした選ぶ余地もなく「定食」の券を買って(なに定食なのかも分からなかったが)席に座ると、おばちゃんがやって来てとくに悪びれもせず「あ、定食はないんよ」と言う。


10.「定食」がない? 意味が分からない。食券買えたし。


11. 仕方ないので注文を変え、出来上がるのを待つあいだ金魚を構う。


12. 客が全員年寄りなことに気づく。そして我々を含めた客11人中10人がたぶん一見客。


13. 店側の人も年寄り。さっきのおばちゃんと坂上二郎さんのようなおじちゃんが二人で切り盛りしている。


14. ものすごく待たされる。他の客も待っている。


15. 二郎さん走る。走りながら頑張って急いでいる。


16. でもまだ待たされる。客を待たせるようなメニューではないはずだが...


17. おばちゃんがあんまり機能していないのが原因だと思われる。遅くなってごめんねーと唯一常連だと思われるカウンターのおじさんに声をかけながら忙しく立ち働いているように見えるが、あんまり役に立っていない。


18. 二郎さんは走る。近い距離でも走る。


19. カウンターのおじさんの奥さんがやってくる。どうやらおじさんを訪ねて客が来たので呼びに来たようで「あれ、まだ食べてないのー?もう食べ終わって油売りよるんか思うたよ」と言っている。おばちゃんが「ごめんねーまだ出来てないんよー」と謝る。カウンターのおじさんは「じゃあ、また後で来るわ」と席を立つ。「もう出来るけん!」と二郎さんが引き止める。奥さんが「えーよえーよ、待ってもらうけん」と言って引き上げる。おじさんは再び席につく。


20. おばちゃんが「ごめんねー」と我々にも謝り始める。


21. 二郎さんは走る。頑張れ二郎さん。


22. 壁に「ふぐ調理師免許」が飾ってある。二郎さんはふぐがさばけるらしい。


23. でも生け簀には金魚。


24. 厨房には8~10万円くらいする蕎麦切り包丁を始め、蕎麦作りの道具が一式揃っている(by つれ)。


25. でもうどん屋。


26. ようやく「うどん定食」が出来上がる。つれは「うどんとばら寿司と小鉢」私は「うどんとむすびと小鉢」。これのどこに時間がかかったのか追求してみたい。>答えはたぶん17番


27. 二郎さんのうどんは普通。だしが予想以上にシンプルで面白かったが、うどんは手打ちではない。ばら寿司もむすびも小鉢も普通。べつに不味くはない。


28. 食べたいものは何もないのに、なぜかまた行きたい。たぶん気になる点が多すぎるせいだ。





そんな店でした。
店を出てドライブしながらつれと「なんであの店はあんなことになったのか」分析してみました。





<つれ説>
二郎さんは元々ホテルの和食のベテラン料理人でふぐの調理もしていた。定年退職して退職金も入ったので自分の店を構え長年夢だった「蕎麦屋」を始めることにした。「蕎麦打ち」を習い、長年の信頼が成す人脈にサポートされ「いい感じ」の店構えが完成。妻とふたりで蕎麦屋をオープン。ところが慣れない蕎麦屋の仕事は思った以上に大変で、二郎さんとうとうギブ。いきなり閉める訳にもゆかず、うどん屋に転換した。もちろん慣れないうどん打ちはしない。





<kia説>
二郎さんは実はつなぎ。本当は二郎さんの友人がオープンした蕎麦とふぐ料理の店である。でもオープン直後にその友人が病気で入院してしまい、しばらく店を開けられない状態になってしまった。このまま閉める訳にもゆかず、定年退職し悠々自適な生活をしていた二郎さん夫婦に「つなぎ」を頼んだ。もちろん二郎さんは料理人ではないので蕎麦も打てないしふぐもさばけない。でも普通のうどんくらいなら作れる(もちろん手打ちはしない)。友人が復帰できるその日まで、店を守る二郎さん。急遽看板も自分で書いた(ら余白ができた)。生け簀が寂しいので金魚を飼ってみた(ら育ちすぎた)。




二郎さん、まだまだ謎が多いな...




うどん屋の金魚。15センチくらいある。丹頂はかなりのボンバーヘッド。
d0175746_8493348.jpg






---




このお店、結局その後一度も訪れておりませんが...
今どうなってるんだろうなあ...






いつでも里親募集中
[PR]

by kia_rock | 2012-09-10 21:29 | 過去日記 | Comments(4)

過去日記   

2012年 09月 09日

ここのところログインすらせず放置しっぱなしのmixiでしたが、現在のワン友様方が結構おいでだと知り、マイミク申請、そして久々にmixi時代の自分の日記の一部を読んでみました。






そして自分で笑ってしまった...






手前味噌でアレですが、その日記を紹介いたします。<自分大好きか






---


「うちの車が25台くらい買える」

 2007年01月29日23:12 投稿






つれとドライブ中、となりに高級車が止まりました。




「あれ700万くらいするで」とつれ。




700万するんですか。700万て言ったら350万の倍じゃないですか。350万円の車って相当イイですよ。たいがいの機能はついているんじゃないですか。その「倍イイ」車ってどんな車なんだろう...




・運転しなくても目的地に着くようにできている
・絶対に事故をしないようにできている
・実は飛ぶ
・実はタイムマシン。


 

まあいくらなんでも時空は越えないだろう。ちょっとはしゃぎすぎました。



 
現実的に考えて「ダイヤモンドが埋まってる」くらいが妥当な線でしょう。しかも普段見えない場所に。それが本当のラグジュアリーというものです。




たとえばエアバッグ。



 
事故の時に飛び出したエアバッグに散りばめられた無数のダイヤ。たぶん顔をたくさん切ると思いますが。


 
そんなスリルとロマンを求めてこの車を買うのです。なんかカッコイイです。黒い窓ガラスの向こうでかすかに自虐的な笑みを口元に浮かべハンドルを握る、そんなドライバーの顔が見えたような気がしました。




いいぞ金持ち!!







---






ちなみにタイトルの「うちの車が25台くらい買える」ですが、当時乗っていた中古車の話です。今の車なら6台も買えません。<ずいぶん買えるな






いつでも里親募集中
[PR]

by kia_rock | 2012-09-09 23:52 | 過去日記 | Comments(8)