「ほっ」と。キャンペーン

ここ数ヶ月の振り返り   

2013年 03月 27日





本日はD.I.N.G.O.のクリッカートレーニングに参加いたしました。
とても楽しく、頭を使ったのでロックも私ももうネムネム...





なのですが、ひとつ記事をアップして寝ます。





少し前に書いたものです。
読み返すといまいちしっくりこず、アップするに至らなかったのですが… 理由はおそらく、私の考えが日々変化しているせいだと思われます。でも、これはこれで私の「ある地点での結論」な訳で。そして、それが誰かの参考になるかもしれないので、アップいたします。内容はすべて私なりの解釈であり、チャーリーママさんやD.I.N.G.O.の考えを伝えるためのものではありませんので、その点を踏まえてお読みいただけると嬉しいです。






ロックをもっと落ち着ける子にするために、ここ数ヶ月取り組んでまいりました。
落ち着いた子にするというより「すぐ落ち着ける子」になれるように。つまり「私がロックの興奮をコントロールできるように」。それだけロックにとって信頼度、注目度の高い存在に、私がなるための取り組みです。




どんだけ成果があったかというと、まだまだなんですけどね。
でも以前とは確実に違うと思います。





具体的に言うと…
特に直したかったのは、「散歩の時にリードを引っ張る」ことと「他のワンコに興奮する」こと。現在はどうかというと「引っ張ろうとするが、止まる」「興奮しそうになるが、我に返る」状態です。正確には「引っ張る前に止めて引っ張らせない」「興奮する前に呼び戻して吠えさせない」ようにすることで、未然に防いでいる状態です。この管理(介入)をしなければ、防げないと思います。失敗をさせないことが、今の目標。最終目標は「母ちゃんと一緒に歩くのが楽しい♪ と隣を歩いてくれる」「母ちゃん、あの子に挨拶してきていい? と訊いてくれる」ことです。




この数ヶ月の取り組みで、よかったな、大切だったな、役立ったなと思うことをいくつかまとめてみたいと思います。




本当は「この本がお勧め!!」とか言いたいのですが… わたくし実は、活字を追うのが苦手です。読むのがすこぶる遅いのです。なので、良さそうな本もサイトも、実はほとんど読んでおりません。良い本は、買っただけで安心して放置。せっかく教えていただいても、最後までちゃんと読んだのは、チャーリーママさんの著書くらい(でもこれは泣きました)。




きっとえらい損してるんだろうな、と思います。
その分進歩もノロノロです。ええ。





そんな私が...






<よかった、大切だった、役立ったと思うこと その1>
 理想の最終形のイメージ





チャーリーママさんが紹介されたていこの動画





「ああ、こういうことか!!」と。数ヶ月前これを観てから、ずっと頭の片隅にこのペアがおります。
このワンさんが集中しているのは、飼主さんだけに見えます。オヤツ目当てでもないし、歓声すら耳に入らないかのように… 飼主さんに夢中です。




これと同じことをしようって訳じゃないんですよ、もちろん。ただ...「目指す最終形」を視覚でとらえると、道をそれにくいのではないかな、と。







<よかった、大切だった、役立ったと思うこと その2>
 リードワークは妥協しないこと




「この言葉は常に頭においておこう」と思ったのが、犬通の時に買ったD.I.N.G.O.のワンポイントクリニックDVD「引っ張りを直したい!」編の中で新居さんが言われていた




「妥協しないことに尽きる」




という言葉。
リードを引っ張る犬を止めた時は、リードが緩むまで一歩も前に行かせない、という場面での言葉です。




なかなかこの意志は貫き通しにくいですよね。様々な状況に出くわすし、日々いろんな情報が入れば入るほど混乱し、迷いが出て揺らいでしまいます。でも、このDVDは基礎の基礎のはずなんです。一番大事なことしか言ってないはずなんです。だって500円だもの。 <そこか




ロックには、止めても止まらない場面があります。たとえば「匂いを嗅ぎたい地点まであとちょっと」という位置で止めた時。これは、そこで止めてしまった「私のミス」だと感じます。しまった、引っ張らせずにそこまで到達させるべきだった...




そんな時に、あの言葉を頭に置いておかないと、どんどん崩れると思ったから。




たとえそれが止めた私のミスでも、いったん止めたら止めきらないと、もっともっと難易度の高い「他犬に突進した場面」でも止まらなくなる。でもほんの鼻先に匂いたい場所があるのでロックはどうしても引っ張る。そんな時、どうするか…






<よかった、大切だった、役立ったと思うこと その3>
 グッパー




そんな時、私はチャーリーママさんに教わった「グッパー」を使います(リードを使って犬に細かい信号を送る方法)。
間違えて止めた時にはグッパー。これでいったん止めたことになります。たぶんなっていると思います。到達した瞬間にリードがゆるんでいた(とロックが感じる)ように気をつけて使えば。「妥協せず止める」ことと「グッパー」が相反するものでないと実感できてから「妥協せず止める」ことが可能になりました。



この「リードが張ったら犬を止める」を「妥協せず」行っていると、ロックも私もすぐにイライラし始めておりました。なにしろ常に走っているようなものだったので、5mリードなんてすぐ張るのです。その度にゆるませてくれないと先に進めない。ゆるんで先に進んでも、すぐまた張る。もういっそ15mくらいのリードにしたい衝動にかられたりもしましたが、その先の未来にあの動画のような関係性が待っていないことはさすがに分かります。リードは「今よりも短く」が目標。



要は、走らないで欲しいんだよね。



そんな時、初めて参加した散トレでチャーリーママさんがロックに施した「グッパー」を見て驚きました。正直「え、それでいいの?!」って思いました。そのリードワークは「妥協しない」どころか「妥協しっぱなし」のように見えたから。でもママさんが「これで(ロックに)引っ張っている感覚はないと思う」と仰るので、翌日からやってみました。走っているロックに信号を送り続けました。そして、これを毎日やってみると素晴らしい効果が出てきていることに気づき、驚きました。




グッパーには、飼主の存在を思い出させる効果があるような気がいたします。ロックのスピードが落ちたし、止めやすくなりました。ああ、引っ張らせて散歩をしていた頃、テンションかかりっぱなしのリードの先に私の存在はなかったのだな、と。私はロックにとってただの「負荷」。ロックはひとりで散歩していたのだ、と。つまり、グッパーされ中のロックはチャーリーママさんの仰る通り「引っ張ってない」のだと分かりました。




私が一緒にいるよ、という信号を送り続ける。
そして止めた時は、妥協しない。




ロックが走っている間はグッパー。リードが張ったら、そこで止めて、リードがゆるむのを待つか、私がその地点に追いつくまで一歩も前に行かせない。ごちゃごちゃ考えずにこれを繰り返す。むしろ他の考え事をしながら無意識にこの作業を繰り返しているうちに、気づいたらロックが脚側歩行してくれていたりします。「妥協しない」ということは、こういう効果を呼ぶんだな、と。犬に限らず、良くも悪くも一貫性のあるものは受け入れられやすいものね。





<よかった、大切だった、役立ったと思うこと その4>
 名前を呼んでおやつ




これはもう、究極だと思います。究極に簡単で、究極に効果のある「古典的条件付け」。自分の名前を好きにさせる方法です。これを繰り返せば、ロックくらいの食いしん坊なら「呼び戻し」ができるようになるのは時間の問題ではないかと。




この「呼び戻し」は、他のワンコに興奮しそうな時に非常に役立ちます。なにしろ、他のワンコから引き離すためと言えども「リードを張ってはならない」のです。いやむしろ他のワンコのいる場面でこそ「リードが張る」と、好ましからぬ展開になりがちです。だから、リードは張らずに「名前」で呼び戻す。



「名前 = おやつ」がインプットされていますので「気になるワンコ < おやつ」のケースでは、当然おやつになびいて戻ってまいります。てことはですよ、ものすごく気になるワンコと、食べ飽きたおやつだったら「ワンコ > おやつ」になっちゃうんでしょうか…?





<よかった、大切だった、役立ったと思うこと その5>
 ロック本体の観察




前回の散トレ記事の中のこの場面が、チャーリーママさんのブログでも紹介されました。
この距離でこんな鮮やかにロックを止められる自信は私にはまだありません。ヤバいと思ったらもっと手前で呼び戻し、方向転換をしています。




でもね、この2枚目の写真のロックは「あ、行かなくていいんだ」って思っているように見えませんか。その意識を育てる方向へは日々の自主トレで進んできたつもりです。




一気にその方向へ進みやすくなったのは、私の認識が大きくかわったのがキッカケでした。




以下は、3月1日の私の連投ツイートをつなげたものです。




他犬に会ったら夢中で挨拶しに行く姿を見て「挨拶するまでは落ち着かない」んだって思ってた。実際挨拶したら落ち着くことも多いし。でも、挨拶がしたい訳じゃなくて「挨拶を終わらせたい」んだって思うようになった。それは「自分で自分を守る」ために相手を確認してるんだって。つまり、私に守ってもらえると思ってないんだって。私に守ってもらえる安心感があれば、相手を確認しに行く必要ないもの。だから、知らない相手に挨拶せずにすむようになることは、私への信頼が増して(回復して?!)るんだってこと。そして私も、挨拶しなくていい相手を見極めることができるようになれる気がする。昨日のアカリで遭遇したシェルティちゃん2ワンには、ロックが最初からアグレッシブな態度だったので、挨拶させなかった。何度でも呼び戻すことを楽しめた。なにしろ「本当は関わりたくないはず」って分かってたから。そして、外へおしっこさせに行ったところで車に置いて戻り、会計。こんなことしたの初めてだなあ、と思いつつ。その後公園に散歩しに行ったが、シェルティのことも車に置いてかれたことも全然引きずっておらず、散歩を楽しんでいるように見えた。うん、母ちゃん分かってたもん。




そう確信できたキッカケは思い出せませんが、D.I.N.G.O.の理念である「根拠を探る」ことの大切さを犬通プログラムを通して実感しておりましたので、そういう気持ちで日々ロックを観察するようになったからかもしれません。愛犬を常に観察できるのは飼主だけですもんね。




私はこの意識の変化で、挨拶に行かせようか行かせまいか、と迷うことがほぼなくなりました。




自分に指示を出す人が迷っていたり、自信なさそうだったりしたら、怖くて従えませんよね。これ、ダブルバインドっていうそうです。皮肉にも、勉強する飼主さんほどその過程で陥りがちな状況だと思います。私はかつて、ロックと公道を歩く時のリードの長さを決め、リードを持った手を腰に固定し、一貫してその長さを変えずに歩いておりました。何の知識もなく、ロックの様子などほとんど観察しておりませんでしたが、ロックはあっさりこの「公道限定ルール」を覚えました。私にあったのは「迷いのなさ」だけ。これもやはり「一貫性のあるもののほうが受け入れられ易い」という例ですね。




一歩間違えると「納得して」ではなく単に「諦めて」受け入れるということになるのですよね(当時の私はそんな思慮などなかったので、単なる結果オーライですが)。このへんも、考えてしまうところなんですが...「諦め」てもらうことも必要なのかなあ、と思ったりもいたします。諦めて欲しい場面ですんなり諦めてもらうためには、日頃から「許可」も多く出さないといけないのではないか、と。





そのへんの「折り合い」がちゃんとフェアについていることが大切かなあ、と。





まずは、お散歩。ごはん以外のレジャーと言えば、まずはお散歩ですもんね。お散歩(情報収集)でどれだけ満たしてやれるか。





<よかった、大切だった、役立ったと思うこと その6>
 ツイッター




否定しないでくれる仲間っていうのは、本当に強い味方です。私はツイッターで、同じように頑張っている方々のつぶやきを読みながら、自分も「今日の散歩でどんなハプニングがあり、どんな失敗をしたか、どんな成功をしたか」等つぶやいて、気持ちを切り替えております。また明日頑張ろうって思える。取り組み自体が嫌になってしまったら、もうそこでストップですもんね。





という訳で、まとまっておりませんが... 眠いので寝ます。




再度申し上げますが、これはあくまでも私がここ数ヶ月を振り返った感想です。また数ヶ月後に振り返って、どの部分が変わっていてどの部分が変わりないかは不明です。




いちばん間違いなく言えることは「一度もあきらめようという気にはならなかった」ことかな。





それでは、
d0175746_22111656.jpg






チャーリーママさんのブログはこちら
D.I.N.G.O. のサイトはこちら ツイッターはこちらです。
(有益な情報が満載です)






いつでも里親募集中
[PR]

by kia_rock | 2013-03-27 22:06 | めざせ飼主力UP! | Comments(2)

Commented by ぽちたろう at 2013-03-27 23:30 x
さすがまとめ職人!とても読書苦手とは思えん(笑)

ホント飼い主が変われば犬も変わるよねー。
ウチもまだまだだけど、↑は実感してる。

きょうのD.I.N.G.O.のセミナーも良かったよね!楽しかった♪

これからも一緒に頑張ろうじぇいo(^▽^)o
Commented by kia_rock at 2013-03-28 20:44
>ぽちたろう
うはは、ありがとう。
子供の頃母親に「本読め」「◯◯ちゃんくらい読め」言われ続けてたトラウマでもあるんかな。読まなきゃって思えば思うほど、読む気がしなくなる^^; 残念です。

ほんま、飼主次第だよねー って思うわ。
ぽちたろうちゃんがいろいろありのままに教えてくれたおかげも大きいよ!!
うちもちゃんとロックに向き合おうって思えたの^^

クリクリめさ楽しかったねー
うん、これからも一緒にばんがろー!!
そして飲もうぜー(笑

<< 中古ワンコ服、売ります。 2月・3月の散トレ模様 >>