しつけ方教室   

2012年 05月 27日

先週はなんだかんだバタバタで。
その余韻を引きずって、今週もブログ書きを楽しむモードにならず。


おひさしぶりでございます。
ネタたまり上げております。


先週の「なんだかんだ」
その「なんだ」


それは犬の「しつけ方教室」体験。


ご存知の方はよくご存知だと思いますが... ロックさん「到着祭り」「入店祭り」が激しく... それ以外は基本騒がない子なので、祭りを目撃された方には「ロックちゃんもなくんだー」と驚かれることも多かったのですが... 最近あまり驚かれもしなくなり。


これはいかんな、と反省。祭りを開催しなくてすめば、我々はもちろんのこと、きっと本犬が一番ラクになる。そう思い、つれとロックと一緒に「落ち着いていられる子トレーニング」を習いました。


騒ぐよりもっと「自分の得になる」ことを自分で考えて行動することができるようになるトレーニング。
要は「飼い主の足元で伏せていると、おやつがもらえることがある。だから他のことに気を取られるより飼い主のそばで伏せていた方がお得」ということを覚えていただくだけなのですが... さっそく効果がありましたよ。木曜のAkari Cafeで。


これまでは、他に誰もお客のいない時ですら、入店祭りを繰り広げていたロックさん。この日は先客のマカロンちゃんやココちゃんの姿にヒートアップしそうなところで...すかさず呼んだら、私の足元に来て伏せました。そしておやつをもらって... その後は祭り始まりませんでした。以降ずっと伏せていた訳ではなく、いつものロック(静かにウロつく)でしたけどね。でも「祭り」が起きなかったのは嬉しかったー


ロックはアカリへの階段を駆け上がります。
そして、ガラス扉の中をじっと観ます。
この時どんな気持ちなんでしょうね。


よく犬の一日はニンゲンの一週間だとか言われますが... そう考えると、ニンゲン時間で週に2度の「おでかけ」、その行き先への「到着」、その時そこに「何がある?」... それは、ロックにとっての一大事でありましょう。騒いで当然かもしれない。...だけど、それがロックにとってストレスになるならば...


このトレーニングでとにかく実感したのは「飼い主がまず落ち着け」ってこと。それだけで効果絶大でした。


って、そんなこと皆さんご存知か。
我が家は恥ずかしながら気づいておりませんでした。こちらのテンションが高ければ、ロックが落ち着く訳ないってこと... いや、落ち着きのないロックが可愛くて、「落ち着かせたくない」気持ちが我々にあったことは自覚しておりましたが。「祭り」は喜びの表現だと思っていたので「しなくなったら淋しい」とすら思っていたのはたしかです。


だけれども。
犬にとって「興奮」はしないにこしたことないみたいです。


しかも、あんまり触らないほうがいいらしいです。
基本触られるの嫌いなんですって、犬は。


それに、のんびりお散歩さえすれば、走る必要もないし、すでに社会性の身についた犬にとっては他の犬に会う必要もあまりないみたい。お互い無関心でいられる犬とは相性が良いので一緒にいても大丈夫だけど、そうでない犬、ストレスになる犬に出会う可能性のあるドッグカフェやドッグランには行く必要ないそうです。


飼い主とは信頼し合いながらも付かず離れずのんびりと、老夫婦のようなつき合いが一番理想的なんですって。


わたくしの拙い理解力でもって、ですが。そしてたった一度の授業でもって、ですが。理解したのはそういうシステムです。



どうですか。


 
ああ、それはいい!! って思われた方は、そうなさったらいいと思います。きっとそれベストなんだと思います。わんこにとっては。



私は行きますけど。
カフェにもランにも。
ロックさえ良ければいいとは思っていないので。
エゴイストだろー?



とてもためになる授業でしたが...
私が思い出したのは、かつて愛した金魚たちのこと。
撫でたい。触りたい。でも触れない。唯一触っていたのは水槽の掃除の時。掃除中の避難用バケツへ往復する際、網ですくってもいいんだけど... 私は手ですくって素早く移していました。網で追い回すよりストレスが少ないし、傷つける可能性も低いから... というのは口実で、本当は触りたかったから。ニンゲンの体温は金魚にとっては火傷するほど高いらしいので、しっかり手を冷やしてからすくいとりました。実際私が一番「心が通じ合っている」と思っていた黒出目金のクロは、網を入れると逃げましたが、手を入れるとのってきました。


そのわずか1秒にも満たない移動時間の至福ったら。


ロックが、本当は触られたくない?
本来犬がそうだと専門家がおっしゃるのだから、そうなのでしょう。
でもロックは生まれたてではありません。我が家での4年がある。専門家から見てどうであろうと、その歴史はたしかにある。ロックはどこを触られても気にしない子にするためのトレーニングをしてきました。我々が触りたいから。おさかなじゃないもの。せっかく犬なんだもの。老夫婦のような暮らしがしたくて飼ってるんじゃないもの。


もちろん、触られたくない意思表示をすることはあります。が、触って欲しい意思表示をすることのほうが俄然多い子だと思う。私から見ればね。


という訳で(あんまりまとまっておりませんが...)、なにもかもを受け入れることはできませんでした。わたくしがそんな器だもんで。でも、とてもためになったし、たくさんのヒントをいただきました。受けて良かった。ロックとのことをいろいろ考える良い機会でした。


もっともっとロックからのサインを正確に読みとってやれる飼い主目指します。
「落ち着ける子になる」トレーニング、まだまだ完成にはほど遠いけど... 一緒に頑張ろうね、ロック。





d0175746_7194739.jpg

やるの。






えー... という訳で、それが、先週の「なんだ」。
「かんだ」はまた次回...(おでかけネタはどうすんだ)






いつでも里親募集中
[PR]

by kia_rock | 2012-05-27 07:18 | ロックのこと | Comments(10)

Commented by lily。 at 2012-05-27 08:21 x
真面目に読んじゃいました。
特にワンコの1日は人間の1週間の件。
ココちゃんの1日を大事にしなきゃって改めて思いました。

ココちゃんはアカリで誰もいなかったら祭りなんですが、
他のワンコがいたら存在を消し仏の様になります。。。
時にJがでますが^_^;
もっと社交性をみにつけてほしぃい
Commented by kia_rock at 2012-05-27 08:32
>lily。さん
おはようございます^^
そう聞きます。ワンコの1日は人間の1週間て。たしかに寿命からすると、そのくらいの計算になりますよね。
でも逆に、ワンコが一日楽しければ、ニンゲンが一週間楽しかったことになるな、と。うちはそう思うようにしてます^^;

マジで?
Jココ祭り、こっそり観たいわー
VIDになったら貫禄でるかもね(笑
Commented by まなみんく at 2012-05-27 14:15 x
うちのぽぽはのは犬生半分からのスタート。
何かを教える気もなければ、出来なくて当然と思ってる。
一つだけ教えるとすれば「ストップ」かな!
リードが抜けた時などに止まれると危険にさらされなくて済むしね。

ランには本犬たちが出たくないなら、出さない。
カフェにも自分が楽しいから行くけど、負担がかかるようなら行かない。
うちはやはり犬生短い犬中心。
縁あって家族になったんじゃもんね♡
守ってやれるのは、自分だけと思うしね。。。

けど、ロックちゃんはランでもカフェでも楽しそうだからいいんじゃない(* ̄ー ̄*)
Commented by ブー子 at 2012-05-27 16:23 x
祭り!私もやめさせたいと思ってるんで、ためになりました。
「飼い主がまず落ち着け」凄く納得!!
そうかーそうなんだー私落ち着けるのか、と、そこからスタートです。あはは、でもやらなくちゃ!
昨日アカリ祭りがエスカレートし過ぎて、もう少しでルゥ、コンクリートに落っこちる寸前(狂喜乱舞で私の抱っこをはねのけ落下しそうに)
これは危険、そしてだんだん年を重ねていくのに、こんな大騒ぎしてたら体に負担になるなーと反省。
以前は興奮したルゥを見ると「元気になった証拠」と嬉しかった私達夫婦も最近これじゃいかんなと、これからを考えるようになりました。
また参考にさせて下さいませーーー!
Commented by cocoma at 2012-05-27 22:43 x
こんばんは^^お邪魔します♪
しつけ教室行かれたんですね。
お祭りロックさん見てみたかった気もしますが、
興奮させない方がワンの為なんですね。。。勉強になります。
うちは、おかえり祭りでワッショイワッショイU。・ェ・。U なんで、
ほぼ毎日やってることに…ΣU゚Д゚U
足腰にも負担がかかりますもんね。

先日は楽しかったです♪♪♪ありがとうございました。
こちらのブログリンクさせてください~。
Commented by kia_rock at 2012-05-28 09:34
>まなみんくさん
うちも、最初は危機管理のためのコマンドだけでいいと思ってた。
緊急時に「おすわり」「ふせ」「待て」ができればそれでいいと。「お手」なんかいらんじゃろ、と。
でもある日思った。「いろいろ覚えて芸をするの、本犬が楽しいんじゃないか」って。プードルだしね。
で、「バーン!」とか教えてみたら、すぐ覚えた。完全にお遊びだけどね。

ぽぽはのは、カフェでもランでも誰ともトラブル起こさんよねー
とくにぽぽちゃんの、他の犬からの絡まれなさはすごいと思う(笑
みんな一目おいてる感じがするわ。<あるいは空気だと思ってるか
ストレスはまったくなさげ。シフォンケーキもあるし、きっと好きだよね^^
ロックも、イラついたりすることもあると思うけど、基本好きだと思う。カフェもランも。それにカフェやランで学んだことは大きいと思うんよね。もちろん私の楽しみでもおおいにあるけどね。
家族だもん。ロックのストレスを0にするために我々が10我慢するべきだとは、正直思わんのんよね、うちは。ロックにも2くらいは譲ってほしい。家族ってそういうもんじゃない?
まあそれ以上のストレスはかけたくないけれどね^^
Commented by kia_rock at 2012-05-28 09:47
>ブー子さん
るぅちゃんの祭り、見たことないんで、あのるぅちゃんがホントに騒ぐのかしら...? って感じ。ロックも、祭りを初めて見た人からは驚かれます^^;
暴れて落ちそうになる... すんごく分かります。ロックもだよー まるで鮮魚。捕れたてかっ てツッコむ^^;

そうなんよね... 「刺激」って「退屈」の反対だと思うと、はしゃぐ姿が嬉しかったりするよね... でも「刺激」イコール「ストレス」な訳で。「落ち着ける子」っていうのは「刺激」を「ストレス」になるべくしない子ってことなのかな。今のロックやるぅちゃんは「アカリカフェ、キター!!!!!」で、これを「アカリカフェだ、うれしいな♪」に変えようってことなんだと思う。たぶん。
「飼い主がまず落ち着く」っていうのはすごく効くよー やってみて!
うち習った翌日からなんだか小声だもの(笑
小声だと、犬も「え、なに?」って聞こうとするからちょうどいい気がする^^
Commented by kia_rock at 2012-05-28 09:52
>cocomaさん
いらっしゃーい リンクどうぞどうぞ^^
先日はルリピンさんブログで見ていたココ君に会えて嬉しかったです^^
お祭りロック、あの日はちょっと出てましたー^^;
入口にでっかいカントちゃん、その奥にライバル(なんのだ)のこころちゃんだったもの。これは厳しいわ、とすぐハードル下げました。あのくらいならOKって(笑 <自分にスイート

おかえり祭り、やりますよねー
ロックは跳ばないけれど、もんどりうって「さあ撫でて!!」攻撃です。
でも考えてみたら私が「ただいまーロックー!!」ってテンション高いんですよね^^;
最近は「ただいま」って小声で言ってゆっくり撫でてあげてます。わんこ、結構空気読みますよ(笑
Commented by umehaha at 2012-05-29 13:18 x
はじめまして ネットを徘徊していてこちらのブログにたどり着きました
うちも同じような感じなので思わずコメントを・・・
 私もうちのこ達に「ごめんね~」って言いながら勝手をさせてもらってます
抱っこもすりすりもいっぱい!
そして私が家に帰るといつもハイテンション!興奮マックスでお迎えしてくれますが私はいつも受けてたってます!
ちゅう攻撃を散々受けた後に「はいっ おしまいっ」
で終わらせることにしています
今では終わりの合図、ちゃんとわかってくれるようになりました
せっかくの再会の場面、そしらぬ顔をしてやり過ごすなんてもったいない! ムツゴロウさんもそういっていたので変に自信をもってそうしてます 終わりの合図を教えるよい機会かも
よかったら試してみてくださ~い

Commented by kia_rock at 2012-05-29 21:51
>umehahaさん
いらっしゃいませー コメントありがとうございます!!
そうですよね、せっかくの至福の場面、思い切り絡みたいですよねー ここまでって分かるのはいいですね^^
我が家ではロックを迎えてしばらくの間、マニュアル通りケージで寝かせていたのですが、お互い淋しくて、それ一体「なんのため?」って思ってやめました。今は一緒に寝るのが最高に至福の時間です。
この場面ではOKで、この場面ではNG...?みたいな混乱をさせないように、ある程度一貫したルールは必要だと思いますが... 警察犬でも介助犬でもタレント犬でもないただの「愛玩犬」ですもん。愛玩できないんじゃ本末転倒だと思います。
ただ、今のロックには、あきらかに我々のしつけ方のまずかった部分が表れているので...^^;
もっとお互いラクでハッピーなおでかけができるよう頑張ります!!

ところで、ブログ少し見せていただきました。
すんごい広くて素敵な庭ですね!!!
小梅ちゃんも八重ちゃんも可愛くて... 幸せそう。
またゆっくり見せてもらいますね^^

<< アカリ VID パーティ と ... 波輝カフェでBBQ >>